ブログ

光りモノで、カワハギ寄ってこい!~ルミカスタッフ 中谷一司~


 

日付 10月上旬
場所 和歌山県中紀
氏名 ルミカスタッフ 中谷一司
使用商品 光略中オモリぶらぶライト集魚ホルダーケミホタル25

 

少し前の釣行ですが…「週刊釣場速報」さんの取材で、10月上旬に和歌山県中紀の船カワハギ釣りに
行ってきました!
テーマは「光りモノで、カワハギ寄ってこい!」というワケで、「寄ってこい」シリーズを使っての実釣です。

ところが・・・

午前4時頃、阪和道をひた走る我々の車に突き刺さらんばかりの暴風雨。これは繊細なアタリを取る
カワハギ釣りには厳しいかな~という状況。
とにもかくにも湯浅・栖原港のかるも丸に乗船し、午前6時、出港!

約1時間走り、白崎沖のポイントに到着です。波・風・オマケに雨のなかのスタートとなりました。

水深は30m前後。波は恐らく2mはあるので、仕掛を落ち着かせたい私は光略中オモリ3号でスタート。

yottekoi_nakaomori_3_g_pack

予想通りアタリはとれません・・・。しかしケミホタルの集魚力は高く、常にエサだけは盗られます。
しばらくガマンしたものの、感度を上げるために中オモリを外し、ぶらぶライトをセットするだけの
仕掛に。このアイテム、25サイズは感度を殺さず集魚力だけを高めるためカワハギには最適です。

burabu_01

するとようやく本命がヒット!岸壁サイズの小型ですが、苦戦のなかの1枚は単純にうれしいもの。
しかしそこから始まるのはまた迷宮・・・

再び中オモリを付け、タタキなどあれこれ誘いのパターンを駆使するものの、ようやくはまったのは
1匹目から数十分後。
小さく鋭くシャクリを入れ、ゆっくり仕掛を落とす。根ガカリの多いポイントなので、着底後すぐに
同様の動きを入れます。これが「誘い」+「焦らし」+「空アワセ」の効果を生みます。
このパターンでようやく明確なアタリを捉えることができ、後はこのパターンをメインになんとか
釣果をかさねることができました。

%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%82%e4%b8%b8%e2%91%a0同行したスタッフの池田は、集魚ホルダーで、ケミホタルはイエローや「太刀魚いかピンク50」でカラーローテーション。良型をゲットしていました。

%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%82%82%e4%b8%b8%e2%91%a2ココだけの話、カワハギにはケミホタルの赤がいい!なんてウワサもあります(今回持って行ってなかったけど…)。

アタマを悩ますカワハギ釣り、でもそれがまた病みつきになるんですよね~。
楽しくてウマい!また懲りずに行きます!待ってろカワハギ!寄ってこいカワハギ!

 

光略中オモリ

12107044_1703521833220888_6778414857069678767_n

ぶらぶライト

1916404_1703521766554228_7031139734473238974_n


集魚ホルダー

yottekoi_sh_37_pack


動画はこちら

 

関連記事

おすすめ商品

  1. 神経絞めset SHORT
  2. Xtrada ケミバンド
  3. FiRE FiSH ワンタッチピンライト
  4. ぶらぶライト37
  5. ウミホタル ビッグ ブルー 50
  6. FiRE FiSH 電光テンビン
ページ上部へ戻る